Delphi Programming / Object Pascal
サイトのトップページへ リンクのページへ ロゴマーク
[掲載 2013年12月28日] [更新 2013年12月28日] エクセル操作フォームEx
   
エクセル操作フォームEx   参考コード類
複数のブックの表示とブック間の操作
動作確認等 Windows 7 U64(SP1) + Delphi XE Pro + Excel 2010







別のエクセル操作フォームEx を実行時に生成して表示


エクセル操作フォームEx を使用したアプリケーションを複数起動して,各々に別のブックを表示すれば当然,複数のブックを開くことになります.

ここでは,エクセル操作フォームEx を起動して,そこからボタンクリック等で別のエクセル操作フォームEx を生成して起動します.新たに生成したエクセル操作フォームEx で別のブックを表示すれば複数のブックを開くことになります.ただし,エクセルのインスタンスを生成すると,それは別のプロセスとして生成されます.
また,エクセル操作フォームEx の仕様上,後で起動したエクセル操作フォームEx が,前面に表示されてしまい,起動元のエクセル操作フォームEx をクリックしても前面に移動できません.現在のところ回避策はありません.


[備考]
たとえ同じエクセルでも,別のプロセスで起動しているアプリケーションは,プロセスを超えての操作はできません.特殊な手順,方法が必要です.文字列 (テキスト) だけは特別で,専用のメッセージ類があります.


図1
別のエクセル操作フォームEx 起動

リスト1
別のエクセル操作フォームEx を実行時に生成して表示
procedure TplExcelFormEx1.Button1Click(Sender: TObject);
var
  objExcelSheet : OleVariant;
  ExcelForm     : TplExcelFormEx;
begin
  //現在のブックの1番目のシートのオブジェクト
  objExcelSheet := xlfExcelBook.Worksheets[1];

  //エクセル操作フォームExを生成
  ExcelForm := TplExcelFormEx.Create(Self);
  ExcelForm.xlfBookFullPath := ExpandFileName('../Book2.xls');
  //グリッドライン等を表示
  ExcelForm.xlfDisplayGridLines    := True;
  ExcelForm.xlfDisplayWorkBookTabs := True;
  ExcelForm.xlfDisplayHeadings     := True;
  ExcelForm.PanelRight.Visible     := False;

  //表示してセルに値を代入
  ExcelForm.Show;
  ExcelForm.xlfCellValue['A3'] := 'ABC';
  ExcelForm.xlfBookSaved       := True;

  //次のような,プロセスを超えた操作はできない
  try
    objExcelSheet.Copy(Before := ExcelForm.xlfExcelBook.Worksheets[1]);
  except
  end;
end;




現在のエクセル操作フォームEx に別のブックを表示


エクセル操作フォームEx で指定のブックを表示して,そこに別のブックを表示します.
複数のブックを開くことになります.このサンプルでは,最初に開いたブックのシートを,後から開いたブックのシートに挿入します.このように複数のブックを開いておくと,シートの挿入だけではなく,ブック間の操作が可能となります.
エクセル操作フォームEx は後から開いたブックを閉じる操作は行いません.プログラマの責任で実装することになります.


図2
最初のブックを表示
図3
2 番目のブックを表示
図4
2 番目のブックにシートを挿入
  • 挿入したシートは,最初に表示したブックのシート

リスト2
現在のエクセル操作フォームEx に別のブックを表示
procedure TplExcelFormEx1.Button2Click(Sender: TObject);
var
  objExcelSheet : OleVariant;
  objExcelApp   : OleVariant;
  objExcelBook  : OleVariant;
begin
  //現在のブックの1番目のシートのオブジェクト
  objExcelSheet := xlfExcelBook.Worksheets[1];

  //新しく別のブックを開く
  //このブックがアクティブになる
  objExcelApp  := xlfExcelApp.Application;
  objExcelBook := objExcelApp.Workbooks.Open(ExpandFileName('../Book2'));
  objExcelBook.WorkSheets[1].Cells[3, 2].Value := 320;

  //指定時間後に,最初のブックの1番目のシートを新しいブックの1番目のシートの前に挿入
  Sleep(3000);
  objExcelSheet.copy(Before := objExcelBook.WorkSheets[1]);

  //指定時間後に保存しないで閉じる
  Sleep(3000);
  objExcelBook.Close(SaveChanges := False);
end;




エクセル操作フォームEx を使用しないで複数のブックを開いて操作


次のコードは,エクセル操作フォームEx を使用しないで複数のブックを開いて操作する例です.ここでは,CreateOleObject でエクセルのオブジェクトを生成しています.
上のサンプルと同じく,最初に開いたブックのシートを,後で開いたブックのシートに挿入します.このようにシートの挿入だけではなく,ブック間の操作が可能となります.

エクセル操作フォームEx は,エクセルを表示して操作を実行することを目的としていますが,エクセル操作フォームEx を使用しない方法では,ブックを表示しなくても操作が可能です.


[備考]
昔のエクセルでは,ブックを別のウィンドウで開いたり,同じウィンドウに重ねて表示するかを設定可能なバージョンもありました.現在は,少なくとも Excel 2007, Excel 2010 では,同じウィンドウに重ねて表示する仕様となっています.別のウィンドウでブックを開くようにするには,レジストリの操作が必要です.


図5
最初のブックを表示
図6
2 番目のブックを表示
図7
2 番目のブックにシートを挿入
  • 挿入したシートは,最初に表示したブックのシート

リスト3
エクセル操作フォームEx を使用しないで複数のブックを開いて操作
unit Unit1;

interface

uses
  Windows, Messages, SysUtils, Variants, Classes, Graphics, Controls, Forms,
  Dialogs, StdCtrls;

type
  TForm1 = class(TForm)
    Button1: TButton;
    procedure Button1Click(Sender: TObject);
  private
    { Private 宣言 }
  public
    { Public 宣言 }

  end;

var
  Form1: TForm1;

implementation

uses ComObj;

{$R *.dfm}

//=============================================================================
//  複数のブックを表示
//  エクセル操作フォームを使用しない場合
//  TExcelApplicationを使用してもよいが,メソッド類の引数を省略したいので,最初
//  からCreateOleObjectを使用して,OleVariant型で扱うことにする
//=============================================================================
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
  objExcelApp   : OleVariant;
  objExcelBook1 : OleVariant;
  objExcelBook2 : OleVariant;
  objExcelSheet : OleVariant;
begin
  objExcelApp   := CreateOleObject('Excel.Application');
  objExcelBook1 := objExcelApp.WorkBooks.Open(ExpandFileName('../Book1.xls'));
  objExcelSheet := objExcelBook1.WorkSheets[1];

  //生成したエクセルを表示
  //表示しなくても操作は可能
  objExcelApp.Visible := True;

  //指定時間後に別のブックを開く
  Sleep(3000);
  objExcelBook2 := objExcelApp.WorkBooks.Open(ExpandFileName('../Book2.xls'));

  //指定時間後に,最初のブックの1番目のシートを新しいブックの2番目のシートの前に挿入
  Sleep(3000);
  objExcelSheet.copy(Before := objExcelBook2.WorkSheets[2]);

  //指定時間後に保存しないで終了
  Sleep(3000);
  objExcelBook1.Saved := True;
  objExcelBook2.Saved := True;

  objExcelSheet := Unassigned;
  objExcelBook1.Close;
  objExcelBook2.Close;
  objExcelBook1 := unAssigned;
  objExcelBook2 := unAssigned;

  objExcelApp.Quit;
  objExcelApp := unAssigned;
end;

end.