Delphi Programming / Object Pascal
サイトのトップページへ リンクのページへ ロゴマーク
[掲載 2000年05月07日] [更新 2001年07月22日] PC-9801 目次
   
PC-9801
特性曲線作図用プログラム Ver.4.2
動作確認等 掲載の図は,PC-9821 Np + MSDOS 6.2 での実行結果
PLOTHD.zip [768 KB] (Ver. 4.2)







概要


この PLOTHD は「X線写真フィルム特性曲線の数学モデル」を使用して,与えられた露光量と写真濃度の値から,センシトメトリの各値を計算し,X線写真フィルムの特性曲線をプロットするものです.
写真濃度の入力はキーボードからの他,RS-232C に接続した写真濃度計からも可能となっています.グラフは画面にも外部のプロッタのどちらにも出力できます.
数学的にも興味ある手法を使用しています.当時,東京大学の大型計算機センターに導入されて間もない,修正マーカート法という,非線形最小二乗法を使用しています.また,収束値の初期値設定を自動化しています.
ホームページ開設に伴い,Windows で動作するプログラムに書換えたかったのですが,現在のところ時間的な余裕がありません.とりあえず,手元にある PC-9821 Np を使用して動作だけは確認しました.懐かしい Roland DGのDXY-880A ペンプロッタでプロッタ出力も確認しました.


実行画面の例







実行方法


ダウンロードしたファイルを解凍したら,解凍したファイルを全て適当なフォルダに移動します.次に PC-9801 を MS-DOS モードで起動します.もし Windows 95/98 が動作していたら,MS-DOS で再起動して下さい.
  • PC-9801 の MS-DOS プロンプトでは動作しません.
これは PC-9801 の仕様です.起動したら先程作成したフォルダに移動して,PLOTHD.EXE を実行します.デモ用のデータが「DATA」ディレクトリに収めてあります.