Delphi Programming / Object Pascal
サイトのトップページへ リンクのページへ ロゴマーク
[掲載 2011年11月09日] [更新 2013年12月28日] コンポーネントのインストール方法(登録方法)等
   
コンポーネントの登録方法等
タイプライブラリの取り込み ( Delphi 2009 - )
動作確認等 記事は,主に Windows 7 U64(SP1) + Delphi 2010(UP5) で作成



  • 2013年03月04日
  • [生成されたユニットファイルの文字コード] の説明を追加




登録先のパッケージを決めておく


ここでは,ここでは,取り込んだコンポーネント類を,Delphi に標準で用意されている dclusr.dpk に登録するものとします. パッケージに登録 (インストール) しない場合は考えておく必要ありません.パッケージに登録しない場合とは,以下の操作で [ユニットの作成] を選択する場合です.
ユニットの作成だけでよい場合は,通常のユニットファイルと同じ使い方となります.

[ 頁先頭 ]



[ コンポーネント ]  [ コンポーネントのインポート ] で取り込む


本サイトのサンプルプログラム集には,Windows のシェルの Shell32.dll の機能を利用しているものがあります.以下は,このShell32.dll が持つ機能をコンポーネントとして登録する方法です.



タイプライブラリの取り込み01 図1

  • [コンポーネント]
  • [コンポーネントのインポート]
  • [タイプライブラリの取り込み] を選択
  • [次へ]

登録されているタイプライブラリの一覧が表示されます.この中から,取り込んでコンポーネントにして利用するタイプライブラリを選択します.
この一覧のリストは,システムにインストールされているアプリケーション類によって異なります.


図2

  • [Microsoft Shell Controls And Automation] を選択
  • [次へ]
タイプライブラリの取り込み03 図3

  • 登録パレットを [ActiveX] に
  • 存在しない名前だと新規作成される
  • [コンポーネントラッパーの作成] にチェックを入れる
  • [次へ]
タイプライブラリの取り込み03 図4

  • [既存のパッケージへインストール]
  • [次へ]
タイプライブラリの取り込み03 図5

  • dclusr140.bpl (dclusr.dpk) を選択
  • 140 の部分は Delphi のバージョンによって異なる
  • [完了]
タイプライブラリの取り込み03 図6
インストール確認ダイアログ
タイプライブラリの取り込み03 図7
[上書き保存] して IDE を閉じる
  • Shell32_TLB.pas が追加された
  • これはデフォルトのままの時のユニットの保存先
  • [上書き保存] して IDE を閉じる
タイプライブラリの取り込み03 図8

  • パレットの [ActiveX] に登録された
  • IDEを再起動すると更新される

[ 頁先頭 ]



ユニットの作成の場合


[ユニットの作成] を選択した場合は,コンポーネントのパレットには登録されません.実行時にコンポーネントを生成して使用します.この場合,[インストール] をしないので,コンポーネントはどのパッケージにも登録されません.
[ユニットの作成] というのは,実際にはユニットの作成だけをするという意味です.[インストール] でもユニットが作成されます.違いは,パッケージへ登録するかしないかです.

例えば,コンポーネントのクラス名が他のユニットにあるクラス名やインターフェイス名と重複することがあります.そのような場合には,ユニットだけを作成し,下のコードのように,どのユニットを使用するかを明示して(ユニットスコープを追加して)利用できます.


リスト1 
uses Shell32_TLB;

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
   ObjShell : Shell32_TLB.TShell;
begin
   ObjShell := TShell.Create(Self);
   ObjShell.SetTime;
end;

[ 頁先頭 ]



コンポーネントラッパーを生成しない場合


[コンポーネントラッパーの生成] のチェック無しで [ユニットの作成] をした場合は,下のコードのように,Shell オブジェクトのインターフェイスを Create して使用することになります.
Delphi の利点は,コンポーネントとしてのクラスを使用する方法です.特別な理由がない限りお勧めできません.[コンポーネントラッパーの作成] をして,[インストール] してもインターフェイスは使用できます.


リスト2 
uses Shell32_TLB;

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
  ObjShell : IShellDispatch;
begin
  ObjShell := Shell32_TLB.CoShell.Create;
  ObjShell.SetTime;
  ObjShell := nil;
end;

[ 頁先頭 ]



ActiveX コントロールの取り込み


OCX (ActiveX コントロール) ファイルで提供されているビジュアルなコンポーネント (コントロール) の場合は,[ActiveX コントロールの取り込み] を行います.



タイプライブラリの取り込み04 図9

[ 頁先頭 ]



新規にパッケージを作成してインストールした場合の警告


新規にパッケージを作成してインストールした場合,次のような警告が表示される場合があります.

[dcc32 警告] XXXX_TLB.pas(76): W1025 dispinterface : この仕様はサポートされていません
[dcc32 警告] XXXX_TLB.pas(78): W1025 dispinterface : この仕様はサポートされていません
[dcc32 警告] XXXX_TLB.pas(84): W1025 dispinterface : この仕様はサポートされていません

この警告が現れないようにするには,
  • インストールしたパッケージを開く
  • ポップアップメニューから [オプション] を選択
  • 左ペインの [Delphi コンパイラ] [出力 - C/C++] を選択
  • [CC++ 出力ファイルの生成] を [DCU のみ生成] にする
  • [ビルド] または [再構築] して [上書き保存]
とします.C/C++ では使用できなくなりますが,Delphi だけで使用するには問題ないでしょう.
Delphi に最初から用意されている dclusr.dpk にインストール (登録) する場合はこの設定は必要ありません.dclusr.dpk は,デフォルトでこの設定になっています.



タイプライブラリの取り込み04 図10
DCU のみ生成




生成されたユニットファイルの文字コード


Delphi 2009 以降のタイプライブラリの取り込みで作成されるユニットの文字コードは,UTF-8N となります.そのままでは,Delphi 2007 以前の Delphi では使用できません.
Delphi 2007 以前でも使用可能にするには,文字コードを,Shift-JIS コードに変換します.


[ 頁先頭 ]



64 ビット版のタイプライブラリ ( ActiveX コントロール ) の取り込み


64 ビット版のタイプライブラリ,ActiveX 等は,Delphi の IDE からは取り込めません.
つまり,64 ビット版の DLL や,OCX では,IDE からはタイプライブラリの取り込みはできません.64 ビット版の TLIBIMP.EXE を使用します.
これは,Delphi の IDE が 32 ビットのアプリケーションだからです.

タイプライブラリの取り込みをして,ユニットファイルを作成すれば,そのユニットは 32 ビット用としても 64 ビット用としても使用できます.ただし,コードが対応していないと,エラーが発生する場合があります.また,エラーが発生しなくても,正常に機能するとは限りません.このことは,他のユニット,コンポーネントでも同じです.